オリジナルTシャツのデメリットに注意しよう

失敗する可能性がある

初めてやることには、失敗というものがつきものです。オリジナルTシャツ作りも、慣れないうちは失敗することも多いでしょう。デザインが上手く行かない、プリンタでの印刷ミスなど。市販されているTシャツを買っていれば、このような失敗はありません。オリジナルTシャツを作る時は、材料などを自分で集めないといけないので、失敗すると費用が嵩んでしまうこともあります。自作はリーズナブルな価格でオリジナルなものが作れる所が魅力ですが、失敗が続くとお店で買うよりもお金がかかってしまうこともあるでしょう。納得ができるものができた時は達成感で心が満たされますが、失敗ばかり続くと次第にオリジナルTシャツを作るのが嫌になってしまいます。

クオリティーが低いものができやすい

お店で売られているTシャツは、どれも一定のクオリティーには達しています。自作でオリジナルTシャツを作る場合、素材やデザインがちゃんとしていないと手作り感が満載で、クオリティーが低いものができてしまいます。オリジナルTシャツはチームTシャツにしたり、誰かにプレゼントしたりという活用法がありますが、あまりにも出来が悪いとそのような使い方はできません。自分で着るのも嫌になり、すぐにゴミ箱に捨ててしまいたくなるでしょう。慣れないうちは、クオリティーが低いものを量産してしまう可能性があります。クオリティーが高いものを作るためには、デザインを勉強したり、経験や努力を積み重ねたりすることが大切です。そうすることで、精巧なオリジナルTシャツが作れるようになります。

オリジナルパーカーを制作するにはパーカーとステンシルシート、布用インク、新聞紙、アイロンが必要になります。パーカーの中に新聞紙を入れてその上にシートを置いて、インクを付けてアイロン掛けすれば完成です。